今日は、米粉ミックス粉で使用している原材料についての特徴や思いについて書きたいと思います。

最後にお知らせをいくつか載せています。

米粉

米粉はいくつか試作した中で使いやすく失敗のなかった、「日本のコメ粉」を使用しています。

米粉と小麦粉をお家で扱う時に一番違うことは、米粉の場合製品によって水分量が全く違ってくるということ。小麦粉も国産か外国産かで少し水分量は変わってくるけれど、米粉の場合はレシピ本を見ても、「○○の粉の場合○○グラムの水分です」とかって書いてあって、まずはその粉を購入するところから始めなければならず、そこからして面倒の多い米粉です。。。

どうも米粉はその会社の粉砕器によって粗さが大きく異なってくるそうで、その粗さの影響も、小麦粉より調理した時に差として出てくるようです。

「日本のコメ粉」はオールマイティーな米粉で、お菓子にもパンにも使えます。

ゲランド塩

お塩は今は、フランス産ゲランド塩を使用しています。Baking booksの味の特徴として、日本の材料を使いながら外国の味・・・というのを示したいと思った時に、ゲランド塩にその主張をちょっとしてもらおう、と企んで、入れています。海の味のする、深みのあるお塩です。でも、やっぱり塩も国産にしたいかなー、と、今後の方向は悩んでいるところです。

クーベルチュールチョコレート

チョコレートは自由が丘「チュベドショコラ」のビターチョコレートを使用しています。大型の割れチョコを購入することで小さな個人事業でもクーベルチュールチョコレートを使用できるようにしています。ここのチョコレートは本当に美味しいです。ブラウニーはこのチョコレートの味ひとつで決めさせてもらっています。Baking booksのブラウニーは油分は全てチョコレート任せなので、お作りになるときはガッツリ、入れてくださいね!

ドライフルーツ

ドライフルーツはアメ横のお店、「小島屋」さんから。もともとドライフルーツ好きなので、色々と業務用を探していたところ、こちらがグレードの高いものを割安に販売していらっしゃることがわかりました。ドライフルーツはなかなか良いものって手に入れにくいんですよね。製菓専用店でもそんなに品質の良いものは置いていない気がします。美味しいドライフルーツはやっぱり違いますよね! と、Baking books商品を召し上がった方には賛同いただけると思います。小島屋さんは添加物にも気をつけていらっしゃるので、安心です。

シナモン

シナモン。たかがシナモン。されどシナモン。米粉スパイスマフィンに使わせてもらっているシナモンは、「和光スパイス」のシナモンです。「和光スパイス」さんはスパイスだけを地道に扱っていらっしゃる会社。それがね!香りが全然違うんですよ〜。シナモンだけでなくて、わさびやハーブ、どれもかなりのこだわりで作っていらっしゃって、実際にびっくりするくらい、他のスパイスと香りが違います。

(お砂糖については、色々と書きたいことはあるのですが、ブログに記載して良いか許可を仰いでいるところなので、許可されましたらまた書きます。)

こうして書いてみると、お菓子づくりを勉強したわけでもない私がこうした商品を開発できたのは、美味しい材料を探し当てる好奇心があったからだけのような・・・。実際、素材任せな商品たちです。無添加で、誤魔化せないので、本当に原材料の力頼みです。

 

お知らせをいくつか

○これから暑くなるので、チョコレート関連商品(米粉ブラウニー、米粉チョコスコーン)は6月いっぱいを持って販売を一時停止します!涼しくなったら再開します。賞味期限は3ヶ月あるので、買いたくなりそうな人は6月中にどうぞ♪ おうちの涼しいところに置いていただければ、常温保存できます。

○Baking booksおすすめ商品は今は「米粉クランベリースコーン」ですが、6月から「米粉クランベリーソイバー」にもおすすめの称号をつけることにしました。リピーターの多さで勝ち取った称号です。

○ご近所の方からのご注文、いつも有難うございます!ご近所さんで商品お手渡しの場合は、ネットショップからご注文いただいた場合、お手渡しの際に送料を現金でお返しします。個人的にご注文いただいて、現金払いでも構いません。

○ネットショップは8月までの限定と初め書かせていただいていましたが、おかげさまでオープン1ヶ月の不手際だらけの中、なんとか軌道に乗せていただきまして、9月以降も続けていくことに致しました。9月半ばに出産予定なので、その辺りでしばらくお休みいただくと思いますが、ネットショップ自体は閉めずにその後も続けるつもりです。よろしくお願いいたします。