米粉クランベリースコーンミックス・米粉チョコスコーンミックス ~商品紹介シリーズ2~

今日はbooksイチオシと表示しながら、失敗談も時々寄せられる、スコーンについて。

バナナ1本で出来るというのが自分的に画期的だったというだけの理由でイチオシにしているスコーンですが、商品化してから気がついたのが、バナナ1本の大きさにだいぶ幅があるということ。

だいたい90gと書いてありますが、熟し具合にも出来上がりが左右されて、なかなか頃合いが難しいところもあります。

すごく立派な300円くらいのバナナだと大きすぎ、100円だとちょっと小さい場合があって、熟し具合はスイートスポットが現れる手前くらいがベスト。

でも、そんなの難しいし、スイートスポットが出てきた熟れ過ぎの小さなバナナ二本使い切りたいとか、美味しい大きなバナナで作りたいとか色々あると思うので、バナナを混ぜた後の生地の柔らかさによって焼き方を変えてもらうといいかと思っています。

焼き方1 バナナを加えて混ぜた段階で、なんとなく包丁で切れ目ができそうな固さの場合は、包丁で切れ目を入れてから焼くか、お玉などで大きめにすくってふわっと天板に落として焼く。(固めの場合は小さく成形すると、焼いた時に固くなってしまうため)

焼き方2 バナナを加えて混ぜた段階で、包丁は入れられないな!というくらいの柔らかさの場合は、大きくそのまま天板で焼く。

もしくは、お好きな大きさにスプーンなどですくって焼く。

柔らかい場合は小さめに成形しても固くならずにできます。

いずれの場合も、焼き色はこの程度です。

 

焼いてから切り分ければ、OK!

 

バナナ多めで作ったというお客様からの写真。美味しそう〜!

この焼き色に戸惑う人もいるのですが・・・糖分ごく控えめ、油分ゼロなので焼き色が付きにくいんです。こんがり焼き色をつけたい人は油分を加えるか、焼く時に卵を塗るなどすると、しっかり焼き色が付きます!

米粉クランベリースコーンは、まずはそのままで、2回目以降の場合は胡椒とチーズ(クリームチーズやピザ用チーズを混ぜるか、上からパルメジャーノチーズをかける)でアレンジしていただくのがオススメです♪

これ、スコーンと呼んでいるけど、ホットビスケットとかって呼んだ方が違和感がないのかも(^^;)。スコーンというと、やっぱりバターと層になって膨らんだものを想像するもんね・・・。でも今の所、このヘルシーすぎる米粉バナナ焼き菓子をしつこくスコーンと呼んでみようと思います!笑

作っている時でも、疑問があったら聞いてみてくださいね。なるべくすぐにご返事します♪