残暑お見舞い申し上げます。

おかげさまでこの夏はご近所様とのご縁が広がり、最後までお手渡しのご注文をいただきまして、お礼申し上げます。ネットショップからのご注文をいただいた皆様にも、感謝申し上げます。これからしばらく休止いたしますことをお詫びいたします。

準備の様子を綴り始めたのが昨年末。その後は妊娠と並行してオープン、至らないながらもお客様のお力で三ヶ月間運営させていただき、体も無事に臨月を迎えることとなりました。

見切り発車で始めたこの事業ですが、お友達やお客様からのご提案やご感想を元に改良していける手作り感を毎日楽しませていただきました。

一人目の出産から三年間は、五感の敏感な息子の世話に追われ、息子以外のことを考える隙間はほとんど残されていないような状態でした。

今もまだ目先の日常が中心の日々ですが、この仕事を始めさせてもらって、ママと子供だけでなくご年配の方に召し上がっていただくことも想定するなど、これまでにない発想が必要になる機会が持てることが嬉しかったです。久しぶりに育児以外のことで脳を使う、脳トレみたいでした。笑

と、一旦閉めモードですが、体が落ち着いたらまたぼちぼち再開したいと思うので、よろしくお願いします!再開後は英語でのご案内を充実させたり、パッケージを新調したり、マルシェなどへも出店してみたいなあと、色々とやりたいことが湧いております。

再開の時期は早ければ10月くらいからぼちぼち・・・という気持ちと、二人目とはいえ子供のことを四六時中見ていたいなという気持ちで、まだ決められません。

一人目はほぼ丸三年、24時間一緒でしたが、次の子は来年春からの保育園に申し込むつもり。入所できたら、生後半年で預けることに。もっとどっしり構えていたいけど、全くどっしりできずに子育てへの悩みは続く。いつになったら安定したお母さんになれるのかなあ。4歳になった、敏感すぎて成長の早い、おじさんのようなマインドを持つ息子に私がしてあげることはご飯を作ることくらいで、他のことはもう彼任せ。妊娠してこの仕事を始めてからは手伝ってもらったり支えてもらうことの方が多くて、ますますおじさんのように落ち着いていく息子。

ひとまず、産後は自分の目と感覚と息子たちのために携帯やネットを最低限にして、彼らのように五感を開いて過ごしたいと思っています。一人目の新生児時代への後悔として、本やネットを読み漁っている間に、息子の様子をただ観察していればよかったなというのがあるのです。

今後の近況はfacebookページでお知らせしたいと思います。

臨月の妊婦らしい、まとまりのない文章をお読みいただきありがとうございます。

商品を置かせていただいている、名古屋市呼続 隠れ家ギャラリー「えん」にて。こちらのランチ定食と、自家焙煎珈琲、生クリームとシロップとともに提供されるスコーンはどれも丁寧な美味しさで、大好き。辛くないのに本格的で深い味わいのカレーも。8月27日にえんにちがあるそうです。まだ産まれてなかったら行っちゃお。