こんにちは。

秋が今年もやってきてくれましたね〜!

Bakingの季節。色んな秋を迎えてきましたが、どんな状況でもこの時期は焼きたてのお菓子やパンが美味しいです。

個人的な近況から始めさせてもらいますが、名古屋で5回目の秋を迎える私のお腹は3回目の膨らみを増しつつあります。でも人に言われないと自分のお腹が膨らんでいることにもほとんどの時間は気がついていないくらい、二人の子供と日常に忙殺されているのが現状です。

そんな状況ですが、Bakingをすることでパンの発酵が緩やかに進むようになったり、チョコレートやバターを生地に練り込みやすくなったり、そんなことで季節を感じて喜べる幸せ。

12月の予定日まであと数ヶ月になりましたが、それまでの間はできるだけご希望の方にくるくるとグラノーラを焼いて回りたいと思っています。

グルテンフリー・グラノーラ(大のみ)

250g 1200円

送料ゆうパック650円

(小分けでよければレターパック360円でもお送りします。お近くの方にはお手渡ししますよ〜)

LINE@でお知らせさせていただいておりましたが、米粉商品は現在全面的に休止しております。必要な方には作り方や米粉のお菓子のヒントをお教えしますので、お気軽にご連絡くださいませ。

以前に載せた、グルテンフリー・グラノーラについての説明を以下に載せておきます。

それではみなさま、良い秋をお過ごしくださいませ。

材料の特徴

一般にグラノーラは穀類と油分、糖分、それにナッツやフルーツを配合して作られています。Baking booksではアレルギーフリーも気にしているので、ナッツは含みません。

Baking booksで使用している穀類は、オーガニックの大粒オーツ麦と、全粒キヌアだけです。コーンフレーク状のものやパフ状のものは使用していないので、噛み応えがあり、栄養分だけが含まれるような形のグラノーラです。

オーツ麦(オートミール)は穀物の王様とも呼ばれる、カルシウムや鉄、食物繊維を豊富に含んだ穀物です。

キヌアはたんぱく質やミネラル、鉄や亜鉛、ビタミンB類などを豊富に含む穀物です。

お子さんにはコーンフレークと混ぜてもらうと食べやすく、大人はナッツを加えたりしてお好みの味にアレンジしてもらえます。

ドライフルーツは、ミックス粉でも使わせてもらっている保存料不使用ドライクランベリーと、ノンオイルレーズン、さらにドライチェリーを加えて酸味のある仕上がりです。ドライフルーツは原価のちょっと高い、グレードの高いものを不揃いで仕入れています。

オイルはオーガニックエクストラバージンココナッツオイルとなたね油を使用しています。

甘さは沖縄産素精糖とグレードAカナダ産メープルシロップです。

国産へのこだわりのあるBaking booksですが、グラノーラではお砂糖しか国産にならない!日本で収穫できないものばかりだから、仕方がないけれど、その分なるべくオーガニックなものを使うように気をつけました。

特徴はキヌアかな!元々、妊婦になって鉄分やカルシウムを色々な方法で摂りたいと思った自分がキヌアを美味しく食べるためにグラノーラに入れてみたのが始まり。キヌア入りのグラノーラはあまり見かけませんが、香ばしくて美味しいです。

ヨーグルトにグルテンフリー・グラノーラをかけたものを朝食にプラスするだけで、腹持ちもよく、摂りきれなかった栄養素も補えます。夜に小腹が空いた時にもいいです。

もちろん、ALL NATURAL、無添加で酸化防止剤や香料などは入っていませんよ〜!

製造場所は米粉ミックス粉商品とは分けており、グルテンフリー・グラノーラは材料にアレルゲンは含みませんが、製造場所では卵・小麦粉・乳製品・ナッツ類を扱っています。重篤なアレルギーをお持ちの方はご注意ください。

 

グルテンフリーについて

Baking booksでは商品を全てアレルギーフリー、グルテンフリーに仕上げております。

アレルギーについては先日書かせてもらいましたが、グルテンフリーについて少し書きたいと思います。

グルテンフリーという言葉には、海外に行くと皆さん気がつかれるかと思います。スーパーでも、レストランでも、GLUTEN FREE という表記がされていることは珍しくありません。

日本では健康志向のレストランでしかまだ見かけないですね。スーパーでも、そう頻繁に目にする言葉ではないです。

もともと日本ではお米も主食としてよく食べるし、そこまでグルテンを排除しなくてもいいのかもしれないですね。

私個人も、グルテンを排除しているわけではなくて、気がついたら小麦粉だらけの生活に、少しグルテンフリーな食事を挟み込むようにしているだけです。元々パンを焼くのも、小麦粉で作るお菓子も大好き。加えてうちの男子たちは麺類が好物なので、気がつけば毎食小麦粉!という日もあって。その中で、せめておやつはグルテンフリーにできたらいいかなという感じです。

なんとなくの個人的な感想ですが、そうしてすこーしグルテンを日常の食事から減らしてみると、体が疲れにくく軽くなるような気がします。目覚めが良くなった気も。あくまでも個人的な感想です。

海外生活でグルテンフリーを実践されていて、日本に帰ってからグルテンフリー商品に出会えず困っている方や、日本に住んでいる外国人の方、私のように少しだけ日常にグルテンフリーを取り入れたい方にお使いいただけたらいいと思っています。